読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COJとはなんぞや?

COJ

そんなこんなで、まずこのブログが題材にしているゲームについて少し話そうと思う

 

ねここがやり始めたCOJとは、SEGAが出しているアーケード向けカードゲームで、正式名称を「CODE OF JOKER」と呼ぶ。

coj.sega.jp

アーケードなのでゲーセンで稼動しているデジタル対戦型ゲームの類で、全国各地の人とランダムマッチし、全国対戦ができるカードゲームという認識で間違いない

こう聞くと、

「あぁ、アレでしょ? HearthstoneとかShadowverseみたいなもんよね?」

と今のご時勢では絶対返ってきそうなもんである。残念ながら全然違う=w=;

 

そもそも、このゲーム。意外と古いのだ……

最初期の稼動が2013年7月。今から実に3年7ヶ月前であり、もちろんShadowverseは無いし、Hearthstoneすらまだ稼動していない。

(※Hearthstoneは2014年3月、Shadowverseは2016年6月に稼動開始)

そんなんで、CODE OF JOKERはその当時にもっともカードゲーム業界に影響を与えていた「Magic:The Gathering」と「遊戯王」に影響されており、前者同様に戦闘もブロック型戦闘を取り入れ、どちらかというとトレーディングカードゲームの要素が強い。

したがって、今流行りのハント型戦闘なHearthstoneのフォロワーよりも断然処理が複雑で、プレイヤーの干渉がアクティブプレイヤー以外にも起きるので難しい。あげく、カードの種類も長年積み重なってきた分豊富で、覚えるのも大変!

とまぁ、その辺が新規プレイヤーが中々踏み込めずにプレイ人口が思ったほど伸びず、知名度も低くは無いけど決して高くは無い状態にある原因の一つである。

いやほんと、最近になってスマホ版が出て認知度をやや上げるまでは知る人ぞ知るゲームだった。

 

でも、ゲームとしての面白さはねここ的には満足できる出来になってると感じる。

正直、HearthstoneやShadowverseは極限まで簡素化された結果、対戦相手と勝負している臨場感がやや薄い。今時の流行には逆行しているかもしれないが、相手との熱いやりとりを楽しむならば、CODE OF JOKERは良い土台だと思うなぁ。

 

でもぉ、ねここぉ、相手をコントロールするの好きだからぁ、ハンデスして盤面もコントロールするブリギッドハンデス使うね!!(ぉぃ